あなたの彼氏は大丈夫?モラハラ彼氏の特徴と付き合い方まとめ

恋愛

普段は優しい彼だけど、たまに人が変わったように罵倒される。
彼を怒らせないようにいつも気をつかっている。

もしかするとあなたの彼氏は“モラハラ彼氏”かもしれません。
叩いたり蹴ったりといった暴力こそしないものの、言葉や態度であなたを傷つけ支配しようとする彼氏。
それは立派な暴力です。

最近彼氏が怖い、彼氏のご機嫌ばかり気にしてしまうあなた。
モラハラ彼氏の特徴と上手な付き合い方を知り、彼との関係性について今一度考えるきっかけにしてほしいです。

「モラハラ」って具体的にどんなこと?

モラハラとはモラルハラスメントの略称で、肉体的な暴力はしないものの、言葉や態度であなたを傷つけ支配しようとすることです。モラハラも暴力の一つで、場合によって弁護士に相談し慰謝料を請求することもできる案件です。

近年モラハラ相談者の数は増え続けており、モラハラ彼氏と別れる方法をレクチャーしている団体も多いです。
厚生労働省が管轄する相談所ではこうした被害にあっている方を一時保護するプログラムもありますので、万一の時の逃げどころとして知っておくといいでしょう。

またそこまで大ごとにしたくないけれど一人で悩みを抱えきれないときはフリーダイヤルの悩み相談を利用するのも手です。
困りごとや悩みを聞いてほしい時、気軽に相談できますよ。

厚生労働省管轄:婦人相談所

24時間相談:よりそいホットライン

モラハラ彼氏の特徴5つ

モラハラ男性はひどい言葉で罵倒したり、あなたの意見を全否定したり、とにかくあなたの存在は自分の支配下だと思っています。そのくせ外面がいいので普段は優しく、ご機嫌がいいときは相談事にものってくれる一面もあり、嫌な一面もあるけれど好きだから我慢してしまうという女性は多いです。

それで本当に幸せ?
彼との将来を想像できる?
いつまで耐えられる?
それって本当の愛なの?

そんなあなたを悩ませるモラハラ男性の特徴を5つご紹介します。

特徴その1 普段は優しい

モラハラ男性が厄介なところは普段は優しいというところではないでしょうか。
普段は優しいという理由でつい過剰な干渉を許してしまったり、罵倒されることに慣れて「自分が悪いことをしたせいだ」と思い込んでしまうようになります。
これってかなり危険です!! マインドコントロールされてる可能性が高いです。

マインドコントロールとは自分ではない他人に意思決定を誘導されてしまうことなのですが、モラハラ男性も同様です。
罵倒することであなたの価値観を一度は壊しますが、普段優しく接することであなたを自分に依存させてしまうのです。
意識的ではなく無意識に行っているのでタチが悪く、あなたが気づかないうちに依存状態に陥ってしまう危険性があるのです。

特徴その2 外面がいい

モラハラ男性はプライドが高い場合が多いです。
外面がよく、仕事もきっちりこなし、一定の信頼を勝ち得ています。
その為あなたが周りの人に彼のモラハラ相談をしたところで、周囲からは信じてもらえなかったり、あなたの考えすぎだよと見当違いのアドバイスをされてしまうことも。

しかし外面がいいのは彼が周りの目を気にしての偽りの態度であって、本来の性格ではありません。
デート先など周りの目がある場所では絶対に怒りを露にしませんが、家に帰るなり急に態度が豹変するなんてことも。
彼に夢中になっているときは「自分の前だけ本音を言ってくれている」と勘違いしてしまいがちですが、本音と暴言は違いますよ。
あまりにも平常時と怒りの差が激しかったり、自分にだけ酷い暴言を吐くようであればモラハラの可能性が非常に高いので注意してください。

特徴その3 自分の意見と合わないものは全否定

あなたがちょっとアドバイスしようものなら火が付いたようにまくしたてる。
これもモラハラ男性の特徴です。

モラハラ男性はプライドが高く学歴至上主義な特徴があります。
そのためもしあなたが彼より学歴が低い場合は「お前に何がわかるんだ!」や「おれより賢くなってから言え!」と罵詈雑言を浴びせられることでしょう。

またテレビのコメンテーターや評論家の意見に対し、自分とちょっと違うだけで人格を否定するような言葉で拒絶反応をしめすなど、自分以外の価値観を受け入れてくれません。
これも彼に夢中になっているときは確固たる意志を貫く男性に見えてしまうというのが怖いところですね…。

特徴その4 威圧的な態度をとる

殴ったり蹴ったり直接的な暴力は振るわないものの、舌打ちや暴言、モノに八つ当たりするなど威圧的な態度であなたを怖がらせる彼。これもモラハラであり立派な暴力です。
わざとあなたに不快感を与える行動をとり精神的に攻撃してきます。

さらに自分が納得するまで続けるので、彼女としては疲弊し判断能力が鈍ってしまいます。
そんな状態で時折優しくされたら誰だってマインドコントロールされてしまうのも無理はありませんよね。

特徴その5 無許可で彼女が出かけると怒る

彼に許可なく外出することを嫌う、いわゆる束縛が非常に強いのもモラハラ男性の特徴です。
そのプライドの高さからあなたに自分の想定外のことをされると単純にむかつくのです。
これは常にあなたを自分の支配下だと認識しているからであって、反抗的な態度はことごとく潰そうとします。

やきもちや心配性と判断がつかないという人は、彼が要求する内容の度合いで判断しましょう。
仕事があるのに30分に1回必ず電話しろ、一緒に飲みにいく友達全員の連絡先をよこせなど、どう考えても遂行が難しいことを平気で要求してくる。
これは立派なモラハラですよ。

モラハラ彼氏との上手な付き合い方3つ

ここまでモラハラ男性の特徴をお伝えしてきましたが、あなたの彼はどうでしたか?
愛する彼がモラハラ男性なんて信じたくない!きっと変わるはず!と思う気持ちもわかります。
このまま交際を続けるか、2人の関係を終わらせるかはあなた次第です。
今回は交際を続けることを希望している場合の、モラハラ男性との上手な付き合い方をご紹介します。

その1 嫌なことはハッキリ伝える

酷い言葉で罵詈雑言を浴びせてくるモラハラ彼氏。
どうしても耐えられないことは嫌という意思を強く示しましょう。

ただ注意が必要なことが1点あります。
肉体的な暴力こそ振るわないものの、彼に反論することで益々言葉の暴力が加速する可能性もあるのです。
できるだけ被害を軽減するためにも嫌という意思を伝えるコツがあります。

それはマイルドな表現に置き換えることです。
嫌な気持ちをそのまま「いや!」「やめてよ!」と強く反発すればするほど火に油を注ぐことになりがちです。
「そのことばは傷ついちゃう」「それは悲しい気持ちになる」など気持ちにフォーカスした言い方を心がけましょう。

その2 彼の好きなところを褒める

モラハラ彼氏が言葉で暴力をふるう理由の1つに、承認欲求が強いという特徴があります。
自分の凄さを認められたい!頼られたい!という気持ちがとても強いので、反発するよりも認めてあげるほうが衝突を回避できますよ。

ただここでも厄介なのが「凄いね」だけでは、「何がすごいか説明して」と墓穴を掘ってしまうことになるので、具体的に彼の好きなところを褒めるようにしましょう。また質問を多用し彼に話をさせるのも有効です。
例えば彼が仕事で新規プロジェクトを任されたのなら「新規プロジェクトおめでとう!〇〇くんの才能だね。みんな悔しがってるだろうね」と、彼の才能や周りの評価を伝えられるといいでしょう。

その3 2人の間でルールを作り干渉されない時間をもつ

話し合いができる彼氏なら、自由時間を作るのがおすすめ。
この時間だけはお互いに絶対連絡をしないと決めて、彼と少しだけ距離を置きましょう。
モラハラ彼氏の場合1日無連絡というのは難しいでしょうが、2~3時間でも1人になれる時間があるとそれだけ心も元気になりますよね。

普段外面がよく人当りのいいモラハラ彼氏は、彼女であるあなたの存在はとても貴重です。
彼女が距離を取ろうとすると途端に焦って我が身を改める場合もあります。

ただし無理は禁物。
急に冷たく接するようになると浮気を疑われ余計に束縛が激しくなりかねません。
嘘にならない理由で彼から離れる理由を作るといいでしょう。
習い事をはじめてみたり、友達とカフェでお茶したり、1人でショッピングなどあなたにとって息抜きになることを選びましょう。

気づかないうちに被害をうけているかも。モラハラ彼氏に要注意!

あなたの彼氏に当てはまる特徴はありましたか?
わたしの彼氏は大丈夫。そう思っていても実はすでにマインドコントロールされていて気づかないうちに被害を受けているかもしれません。あなたを大切にしてくれないモラハラ彼氏にはくれぐれもご注意を!

また今回はモラハラ彼氏との上手な付き合い方についてご紹介させていただきましたが、決して無理をしない、急に態度を変えないでくださいね。精神的な暴力が、きっかけさえあれば肉体的な暴力に変わる恐れがあります。

最後に彼と付き合っていて心から楽しめない、情で交際を続けてしまっているなら、別れも1つの選択肢です。
あなたが心から恋愛を楽しめる環境を選んでくださいね。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする