「恋愛が苦手」を卒業して、素敵な恋人をつくる8つの方法

恋愛

人を好きになる気持ちが分からなかったり、恋人に時間を取られたくないなど、恋愛は面倒で苦手というあなた。
それなのに幸せなカップルを見ると自分も恋がしたくなりませんか?

そんな複雑な思いを抱えている人は、実は恋愛を難しく考えすぎているのかもしれません。
恋愛に対する固定概念を捨てたり、考え方を変えるだけで、ぐんと恋愛のチャンスが身近にあることに気づきます。
素敵な恋愛ができると、普段の生活をより刺激的で充実したものに変わりますよ。
毎日バラ色の生活で、恋も仕事もウキウキ気分で過ごしたいですよね。

そこで今回は恋愛が苦手な人でも素敵な恋人をつくる方法を8つご紹介します。

方法その1、異性に対する固定概念を捨てる

恋愛が苦手な人ほど異性に対する固定概念に縛られがち。
「男性ってこういうもの」と周りの異性を勝手に採点してはいませんか?

人は見た目じゃ分からないもの。真面目そうに見える男性が実はとんだギャンブラーだったり、いかにも遊んでる風貌の男性が優しく思いやりがある人かもしれません。
一目で相手がどんな人かなんて分からないし、誰一人同じ人はいませんよ。
もしかすると外見や雰囲気で選り好みしているだけで、チャンスを逃しているかもしれません。
固定概念は捨てて、1対1で向き合い相手を知る努力をしましょう。

また男性は下ネタばっかり言って下品、なんでもノリで解決するところがあって嫌という女性も多いのではないでしょうか。
いくつになっても童心が残る男性は女性ほど器用に立ち回りできません。
「こんな子どもっぽい人だったの?」と幻滅するのではなく、ほんの少しの無邪気さは許容してあげるのがいいでしょう。

方法その2、恋愛の順序にこだわりすぎない

順序にこだわりすぎるのも恋愛がうまくいかない原因です。
女性の多くは男性から告白されるのを待っていますが、それではせっかくのチャンスを逃しているかもしれません。
もし気になる男性にもう1人彼女候補がいたらそれこそ大ピンチ!
相手からアプローチしてもらうのを待っているだけでは進展は望めませんよ。

さらに未婚男性に話を聞いたところ、なんと体の関係から始まる恋もあるのだとか‼
男性は好きな気持ちが女性より曖昧なため、肉体関係などの繋がりから本格的な恋に発展する場合もあるのです。
これには驚きですよね⁉

このような解答があるからといって尻軽女になる必要はありません。
時に自分の心の声に従ってみるなどの冒険も必要だということです。
せっかく出会い。順序にこだわりすぎてチャンスを逃さないようにしましょう。

方法その3、背伸びせずありのままの自分を出す

無理していい彼女を演じたり、価値ある女だと思われたくて自分を良く見せようとしていませんか?
恋愛を窮屈に感じてしまう最たる理由がコレです。

彼が苦手な掃除や洗濯をあれこれ手伝ったり、数日分のご飯を作り置きしてあげたり…。
良かれと思ってしているあなたの行動が、逆に相手にとって負担になっているなんてこともあり得ます。
このように彼女というよりは母親のような感じがすると別れを告げられるパターンの人は、理想のカップル像を追い求めすぎている可能性が高いです。

そもそも恋愛とはお互いに守り守られる関係性を築くこと。
相手も自分も本音をさらけ出して、一緒に笑ったり泣いたりしながら信頼関係を育むべきですよね。
そんな中自分を偽って、無理して付き合っていては身も蓋もありません。

プライドが高く嫌われたくないという気持ちはわかりますが、その状態をいつまで続ける気ですか?
何のために恋愛をするのか本来の目的を見失っているかもしれません。

方法その4、過去の恋愛と比べない

過去に辛い失恋をした経験から男性不振になってしまったり、裏切りやDVなどの暴力を受けたトラウマでなかなか次の恋愛に前向きになれない人もいますよね。
そんな状態で人を好きになろうとしても、ふとした瞬間にトラウマに襲われ辛い思いをするだけです。
少しずつ段階を踏んで、また素敵な恋愛ができるように努力しましょう。

まず意識すべきなのは、過去の恋愛と比べないことです。
頭ではわかっているのに記憶が消せないのなら無理する必要はありません。男性に対して恋愛相手と考えるのではなく、友達として関係性を築けるだけでOKです。最初から恋愛をしようとすると無理がありますので、ハードルを上げすぎないようにしましょう。

次に人を好きになる癖をつけましょう。
簡単に人をすきになると裏切られた時辛い…という気持ちは分かりますが、それはあなたが「好き」という感情に重きを置きすぎているからではありませんか?
子どもの頃もっと簡単に人を好きになっていたはずです。一緒に遊んだから好き、おもちゃを貸してくれたから好き!など簡単なことでも人を好きになる癖をつけることは、人の良い面を探し気持ちを前向きにする効果があります。
まずは前向きに人を好きになる努力を重ねることが、将来の素敵な恋に繋がりますよ。

方法その5、他人と比較しない

自分の恋愛と他人の恋愛を比較してもいいことは1つもありません。
人それぞれ幸せのカタチは違います。
もしあなたが他人の恋愛を羨ましく思ってしまっているなら一刻も早く意識を改めましょう。

友達が医者と付き合っているから医者を狙う、大企業勤務という肩書に釣られて男性を選ぶなど、他人と比べて見劣りしない相手を探しているだけでは幸せな恋愛はできません。
肩書にこだわって彼氏を作っても最初は自慢のタネになりますが、上手くいくはずありませんよね。
それはあなたが本心から求めている恋人なのか今一度考えてみてください。

人に自慢できる彼氏が欲しいという感情は、承認欲求や自尊心を満たしたいというあなたの欲望の現れです。
誰しもこうした欲求を内に秘めていますが、自分に自信がない、不安要素がある人はこの欲求が強く表に出る傾向があります。
自分に自信を持つことができれば他人と比較することも少なくなります。
まずは自信をつけるための努力をすることが素敵な恋愛に近づく第一歩といえそうです。

方法その6、周りに流されない

周りの友人に恋人ができたり結婚報告を聞くと、自分も早くしなくちゃ!と焦る気持ちはわかります。
しかし恋愛はタイミングが重要。
周りに流されて恋愛市場に飛び込んでも、仕事が忙しい、過去の恋愛を乗り越えていない、恋愛以上に没頭していることがあるなど、自分の準備ができていないことには恋愛はうまく発展しません。

また周りに流されてなんとなく恋愛を始めるとあなたが疲弊してしまうだけかもしれません。
上手くいかないことに益々気持ちが空回りして、恋愛が苦手になってしまうなんてことも…。

他にやりたいことがある、今は心から恋愛する気になれないなら、キッパリと一線を置くのも大切です。
自分のタイミングで恋愛をしましょう。
自分の好きなことに没頭することで結果的に素敵な男性との出会いを招くなんてこともありますよ。

方法その7、いきなり結果を求めない

当然のことながら恋愛するにはそれなりのプロセスが大切です。
そういった工程が面倒くさいと感じる人も多くいますが、これは相手を深く知るための大事な時間です。
何事も初めから完璧にこなせる人がいないように、恋愛でも初めから完璧な関係性は築けません。

また結果が出るスピードも人それぞれ。
早ければいいというわけではないことを心得ておきましょう。
交際して3か月のスピード婚も素敵ですが、長年寄り添って自然に婚約するのも素敵です。
交際期間が長くなると「いつになったら結婚してくれるの?」と焦る気持ちが出てきますが、考えてほしいのがお互いのタイミング。
男性は責任が増えるという点で結婚には尻込みしがちです。
タイミングを図っているときに結婚を焦らされると気持ちが冷めてしまうなんてこともあり得ます。
いきなり結果を求めすぎず、お互いのタイミングを大切にしましょう。

方法その8、縁を大切にする

今恋人をつくる気がない人も、恋愛が苦手な人も、必ず1度は恋愛がしたくなるタイミングがやってきます。
その日のためにも日頃から周りの縁を大切にしておきましょう。

恋愛は探すものではなく自然に生まれるものだという人もいます。
普段何気なく一緒にいた男性と何かのきっかけで恋愛に発展するなんてことは充分あり得ますよね。
さらに周囲といい関係性を築いていると、ピンチのときは助けてもらえたり、いざ恋愛をしたときに親身になって相談にのってくれるかもしれません。

縁を大切にしない人のところに良縁は招かれません。
素敵な恋人が欲しいなら、まずは周りの人を大切にする努力をしましょう。

恋愛は楽しまなきゃ勿体ない‼苦手を克服して新しいスタートをきろう

恋愛が苦手というあなたに当てはまる特徴はありましたか?
恋愛に苦手意識がある理由は、それだけ恋愛に強い憧れと理想を抱いているから。
もっと敷居が低く、気軽にトライできるものだと認識を改めましょう。

また無理して恋愛をスタートする必要はありません。
恋愛には自分の心と環境の準備期間が必要な場合もあります。
まずは周りの縁を大切にしたり、異性と気兼ねなく話せる努力を積みましょう。
きっと知らぬ間に恋愛が苦手だった自分を忘れる日がやってくるはずですよ。

 

この記事を書いた人

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする