恋人以外と関係を持つ20代男性は約3割⁉浮気と不倫の違いを徹底解説

恋愛

近頃テレビで騒がれることの多い芸能人の不倫や浮気騒動。あなたは浮気と不倫の明確な違いをご存知でしょうか。 何となく使っている言葉ですが、厳密な区別があるわけではありません。異性と2人きりで会うのはOK、手を繋ぐ・キスをするなど肉体的接触があれば浮気など、どこからが浮気なのかは人によって線引きが曖昧です。

こうした解釈の違いから、知らず知らずのうちに自分が浮気や不倫をしているかもしれません。今回は一般的な浮気と不倫についての違いについて徹底解説していきます!

恋人以外と肉体関係をもつ人の割合は20代男性のおよそ3割!

20~60代の男女約14,000人を対象に実施されたアンケート(※)によると、結婚相手や恋人など特定のパートナーがいるにもかかわらず、それ以外にセックスをする相手がいる人の数は全体でおよそ2割、20代男性に限っては約3割が浮気をしているとの結果がでています。

そうした浮気相手との出会いの場所として最も多く回答されたのが「職場21.4%」、次いで「友人の紹介16.4%」「友人13.9%」と続きます。またFacebookやmixiなどのSNS、出会い系サイト、ソーシャルゲームも出会いの場となっているようで、3つ全てを合わせると全体の12%に相当する数値となっています。

相模ゴム工業㈱調査「ニッポンのセックス」より

既婚者がパートナー以外と肉体関係をもつ代償とは?

先のデータにあるように既婚者であってもおよそ2割の男女が浮気をしているのが現状です。独身であれば特定・不特定関わらず肉体関係をもつことに問題はありませんが、既婚者は別です。

まず既婚者が浮気をした場合、法的罰則を受ける可能性があります。これは民法770条1項1号で規定されている通り、婚姻関係を破綻させる行為として、浮気された方が離婚の訴えを提起することができるからです。また浮気したパートナーとその浮気相手に対して慰謝料を請求できるケースもあり、浮気をしたことで生じる代償は計り知れないものがあります。

また刑事上の責任はありませんが、浮気した事実は周囲から好奇の目で見られ、ゴシップ好きな人にとっては格好の餌食です。職場や友人関係内でバレてしまえば、それこそ日常生活に支障をきたすことになるでしょう。

巻き込まれないために!浮気と不倫の違いを理解しよう

独身アラサー女子が最も注意したいのが、知らぬ間に浮気や不倫に巻き込まれてしまうことです。ひょっとすると過去に浮気や不倫をしてしまったという人もいるのではないでしょうか。

  • 交際してから既婚者と知った
  • 既婚者だと分かっているけど関係を断ち切れない
  • ダメなことだと分かっていても彼を愛してしまっている

既婚男性は独身男性と比べて精神的余裕が感じられ魅力的に見えるもの。実際に女心をくすぐるのが上手かったり、程よい距離感を保って甘えさせてくれたりと付き合いやすいというメリットがあります。

しかしいつか相手の奥さんから訴えられ、最悪高額な慰謝料請求をされてしまうかもしれませんよ。まずは浮気と不倫の5つの違いを理解し、巻き込まれ事故を防止しましょう!

違いその1. 恋人がいるなら浮気、結婚しているなら不倫

一般的に、お互い未婚でどちらか一方または両方に恋人がいるのに別の相手と恋愛関係になることを浮気といいます。一方不倫とは、どちらか一方または両方が既婚者で別の相手と恋愛関係になることをいいます。

つまり独身か既婚かによって使う言葉に違いがでますが、どちらも特定の相手がいるのに別に手を出すことに変わりはありません。

違いその2. 単発なのが浮気、継続性があるのが不倫

 

浮気はその名の通り浮ついた気持ちから生ずるもの。一時的な気の迷いやその日限りのお遊びのような印象が強いでしょう。 一方不倫は継続性があり、特定の相手と定期的に関係を持つことと捉える人が多いようです。

したがって、既婚者であっても一度限りの過ちは浮気と表現したり、夜のお店などで肉体的快楽だけを求めることに関しては不倫と見なさないようです。

違いその3. 一時的な感情が浮気、恋愛の延長線上にある不倫

浮気がバレた時にありがちなセリフとして「本気じゃなかった」「遊びのつもりだった」といういい訳。しかしこのセリフにあるように、浮気はあくまでも一時的な感情に突き動かされた結果であり、本気度は低いと言えます。

一方で不倫は恋愛の延長線上にあるもの。守らなければならない家庭を顧みず、別の女性と恋愛するため本気度は高い傾向にあります。そうした理由から不倫がバレた場合の代償の方がはるかに大きなものとなります。

違いその4. 肉体関係がない場合も含む浮気、含まない不倫

民法上の責任を負う基準は不貞行為があったかどうか、つまりは肉体関係の有無が重要です。この場合の肉体関係とは、両者同意の元のセックスもしくはセックスに類似する口腔性交や射精を伴う行為を指します。

実は浮気は必ずしも肉体関係をもっている場合を含みません。肉体関係を持っていなくても、内緒で別の女性とデートに行く、食事に行く、女性宅に泊るなども、交際相手が「浮気だ」と感じれば浮気になります。

一方不倫は肉体関係を含む場合に使いますが、最近はセックスをしないプラトニック不倫も増えているようで、証拠を集めるのが難しい場合もあるようです。

違いその5. 個人間の問題である浮気、家族を巻き込む不倫

一般的に考えれられている違い1~4を前提として考えると、浮気は個人の問題で、不倫は家族を巻き込む恐れのある問題だと言えます。

浮気は2人が会うことを止めれば関係が終わることがほとんどですが、不倫となるとすぐに関係が切れるものではありません。例えば奥さんから訴えられれば訴訟が終わるまで事実と向き合わなければならず、家族と距離を置かれることもあり得ます。

いずれにしても誰かを不幸にしてまで手にしたいほど価値のあることなのか、冷静になって考える必要がありますね。

より詳しい記事はこちら

違いはあれど「浮気」も「不倫」もそれなりの代償を払う可能性あり!

単なる好奇心から始まる浮気や不倫。好きになった相手が既婚者だと知らずに恋をしてしまい、意図せず不倫関係に陥ってしまうこともあるでしょう。

しかし浮気や不倫をすれば、それなりの代償を払わなければならないことを理解しておきましょう。先に説明したように民事上の責任を負うことになったり、周囲の厳しい目にさらされることになりかねません。そんな状況下であれば、あれだけ愛し合っていた恋人が豹変した態度をとり傷つくことだってあります。

自分だけを一番に愛してくれる人との恋愛こそ、あなたを最高に輝かせてくれるはず。浮気や不倫は深みにハマってしまう前に早めに抜け出す努力をしましょう。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする