独身女性を悩ませる孤独と不安の原因3つと解消方法7つ

恋愛

あなたは将来結婚したいですか?

独身女性は年齢を重ねるほど肩身の狭い思いをすることが増えます。その理由は、将来結婚したい・子どもを産みたいと考える女性が圧倒的に多く、30歳前後の適齢期までにその夢を叶えることが、ある種ステイタスになっているからではないでしょうか。

しかし理想と現実は違います。実際には彼氏いない歴=年齢の人が年々増え続け、恋愛に強い苦手意識を持ち、孤独と不安を抱えている人はいます。

そこで今回は独身女性を悩ませる孤独と不安の原因と、その解消方法をご紹介します。

独身女性が孤独や不安を感じる原因3つ

アラサーという年齢は仕事もプライベートも変化の激しい時期。どれだけ自分の人生を謳歌していても、孤独や不安を感じるタイミングは多々あります。周りの変化に圧倒されて負い目を感じたり、肉体的な衰えを感じるたびに、結婚・出産を意識せざるを得ないこともあるでしょう。

独身女性が孤独や不安を感じる原因を、環境の変化・結婚のプレッシャー・出産のタイムリミットの3つに分類し、それぞれ詳しく解説していきます。

その1 周囲の環境が一気に変わるから

厚生労働省の調査によると、平成28年度の平均初婚年齢は女性29.4歳、男性31.1歳とされています。(※)つまりこの年齢に近い程、周りが次々に結婚を決意し、あなたを取り巻く環境が一気に変わる“結婚ラッシュ”に突入します。

特に親友や同僚が結婚したり育児をはじめると、仕事帰りに気軽に飲みに誘ったり、休日にショッピングに出かけるなど、今までと同じような軽い付き合いはできなくなります。

年齢を重ねるたびに周囲に独身者が少なくなる中で、自分だけ何も変わらない状況は孤独を感じやすく、ふとした瞬間に独り身の寂しさを痛感することもあるでしょう。

※厚生労働省「平成28年 人口動態調査」を参照

その2 親からの期待が重く感じるから

人生の選択肢が多い時代とはいえ、親世代には現代の常識が通用しないこともあります。どうしても女性の幸せ=結婚を結び付けて考えがちです。特に25歳を超えると、今まで恋愛事に口を出してこなかった親でさえ、「いい人はいないの?」と恋人の存在を探るような言動が増えます。

「我が子に幸せな家庭を持たせたい」という優しい親心も、過度な期待は時としてプレッシャーに感じてしまうことがあります。期待に応えられないことで自己否定を繰り返すと、自ら「ダメなやつ」とレッテルを貼ってしまいがち。自信を喪失することで恋愛に益々億劫になってしまう女性も多いことでしょう。

その3 出産可能な時期にタイムリミットがあるから

 

平均初婚年齢は29.4歳ですが、正直結婚は何歳になってもできます。その証拠に同じく厚生労働省のデータを確認すると、平均再婚年齢は39.8歳と10歳も上回る結果が出ています。(※)つまり無理して結婚を焦る必要はないのです。

しかし出産にはタイムリミットが存在します。一般的に35歳を超えると高齢出産扱いになり、自然妊娠ができる確率は一気に低下します。将来子どもを産みたいと考えるなら、いつまでに出産するかという期限は意識しなければなりません。

子どもは欲しいけど相手がいない、恋愛が面倒くさいと感じている独身女性は、こうしたジレンマから孤独や不安を感じやすいと言えるでしょう。

※厚生労働省「平成28年 人口動態調査」を参照

独身女性の孤独や不安を解消する方法7つ

今いる環境や周囲からのプレッシャーなど、様々な外的要因によって孤独や不安を感じてしまう独身女性。周りについていけず落ち込むこともあるでしょう。しかしネガティブな感情に蓋をしていても現状は何も変わりません。

そもそも孤独感など全く感じずに独身を謳歌している女性も数多く存在しています。そうした女性との違いは何なのでしょうか?

独身に負い目を感じず、自分らしく歩んでいくための不安解消法を7つご紹介します。

方法1 何に不安を感じているのか明確にする

見知らぬ場所を地図も持たずに歩くのは不安ですよね?

実は人生も一緒で、基準にすべき方針や軸がないと常に周りに左右され迷子になってしまうものです。そうしたブレを防ぐためには、あなたが何に不安を感じているのかを明確にすることが肝心です。

方法としてはノートとペンを用意し、就職活動で行う自己分析を徹底的に行ってみましょう。一見不安解決法として遠回りに思えますが、自分の価値観を明確にすることで何事にも折れない芯を手にすることができます。少し面倒ではありますが、結果的に日々の不安を軽くするだけでなく、見失っていた本来の価値観に気づかされることでしょう。

方法2 一歩先行く先輩に話を聞く

自分よりも5歳~10歳ほど年上の女性で、一歩先の人生を歩んでいる憧れの先輩に話を聞いてみるのもいいかもしれません。最初から恋愛について相談するのは腰が引けたり、そこまで仲を深められていない場合は、まずは仕事の相談からスタートするといいでしょう。

人は悩みを打ち明けられると、何かお返しをしてあげたくなる心理が働きます。この心理効果を利用し、積極的に仕事相談をするうちに、人生相談へと発展させることができるかもしれません。

年上の先輩は必ずあなたと同じように悩んだ過去があるはずです。人生で大切にしているマインドや、先輩が見据える将来像など、日常どんなことを考えているのか参考にさせてもらいましょう。

方法3 読書や映画を通して様々な価値観に触れる

読書や映画鑑賞は、作者の人生を疑似体験できる、大人の休日にお勧めの過ごし方です。作品の数だけ多種多様な価値観に触れることができ、あなたの心をふっと軽くしてくれるような言葉が見つかることもあるでしょう。

人が一生涯で体験できることは限られています。経験のないことは本質的には理解することができず、なんでも経験値の及ぶ範囲で物事を考えてしまいがち。思考の幅を広げ、色んな価値観を受け入れられるようになると、人生がグッと楽しくなりますよ。

↓より詳しい記事はこちら↓
このまま結婚できなかったらどうしよう…人生不安に感じたら読むべき本5冊

方法4 両親と将来について話し合う

両親に結婚について聞かれたくないからといって、自分の思いを伝えずに一方的に距離を取っていませんか?

親が結婚について心配する理由に「子どもが何を考えているのか分からないから」という意見が目立ちます。子どもが何を考えているのか分からないから、何度も確認の意味で質問しているのかもしれませんよ。

「結婚はまだいい」とざっくりした説明ではなく、「今は仕事で結果を出したい。出産はしたいから35歳までに結論は出すね」など具体的に伝えると効果的です。

また過干渉で何を言っても質問攻めをしてくる両親で、あなたにいつも不安を感じさせているなら、可能な限り距離を置いた方がいいかもしれません。長らく実家暮らしをしている人なら、1人暮らしをはじめる良いきっかけかもしれません。

方法5 生涯独身でいた場合をシュミレーションしてみる

将来結婚した姿を想像する人は多いですが、逆に一生独身だった場合を想像する人は少ないもの。一般的に生涯独身は避けたいと考える人が多く、人はできるだけネガティブな想像は避けるものです。

しかし生涯独身でも幸せな人生をおくることはできます。例えば出産願望がない人、結婚というカタチを取らずに都度好きな人と恋愛したい人なら、一生独身の方が希望にかなった生き方だと言えるでしょう。

一生独身を貫くなら、お金と老後の問題について考えておく必要があります。出産経験のない女性は婦人科系の病気のリスクが高いといった研究結果もでているので、定期的な検診なども取り入れると安心ですね。

方法6 期間を決めて徹底的に恋愛に没頭する

今まで人を好きになったことがない、異性と話すのが苦手など、恋愛を一度でも頑張った経験がない人ほど結婚や出産に憧れを抱きやすいもの。そして縁遠さから、「このまま独身だったらどうしよう…」と孤独や不安を抱えてしまうのです。

そんな人は思い切って恋愛にどっぷりハマってみるといいでしょう。「この1年で素敵な彼氏を見つける!」など期限と目標を決めたら、具体的な行動に広げていきましょう。合コンや婚活・街コン・交流会など参加できるものは全部参加するくらいの勢いが肝心です。

人を好きになることも、異性と会話することも、結局はコミュニケーション力が全てです。人が大勢集まる場所に慣れることで、自然と恋愛モードにスイッチが入ったり、理想とは違った現実の恋愛観を手に入れることができるでしょう。

方法7 1人旅行で新たな価値観に触れる

もしあなたにまとまった休暇があるならば、1人旅行に行ってみましょう。できれば国内ではなく、まだ足を踏み入れたことのない海外がお勧めです。

海外で日本人とは違う価値観を持つ人々に触れると、自分の悩みが小さなものだったということに気づくでしょう。また旅行者という立場上、人々の生活を客観的に観察することができ、人生において大切なものが何なのか、考えるに役立つ知恵を得ることもあるでしょう。

1人部屋で悶々と考えていてもネガティブな思いから脱却するのは難しいもの。環境を変えることで、今より人生を好転させるきっかけを掴めるかもしれません。

孤独や不安は放置しない!一つ一つ物事を整理し向き合おう

独身女性が孤独や不安を感じた時、一番解決から遠ざかってしまうことは、ネガティブな感情に見向きもせず放置してしまうことです。臭い物に蓋をしていても、いつか心の中がパンクしてしまうのは目に見えていますよね。

悩んだり辛いと感じることは、気持ちや思考が整理できていないからこそ。頭の中でぐるぐるしている思いをノートに書き記したり、逃げていた恋愛に立ち向かったりと、一つ一つ出来ることから向き合ってみましょう。

また他人の幸せを羨んでいるだけでは自分の幸せは得られないことを理解しましょう。幸せを掴むには行動するのみ。待っているだけでは欲しいものは手に入りませんよ。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする