年下・年上の男性と結婚すると苦労する?年の差結婚のメリット・デメリットまとめ

結婚

有名芸能人の結婚報道で度々目にする“年の差結婚”。世代を飛び越えて恋愛ができるなんて素晴らしいことですよね。

しかし歩んできた人生の長さが違えば、それだけ2人の間に差が生まれるもの。最初は上手くいっていた関係も、度重なるジェネレーションギャップからすれ違いが生まれることも多く、年齢差がある恋人との恋愛は苦労が多いという意見もよく耳にします。

そこで実際に年の差結婚をした夫婦を参考に、年の差結婚のメリット・デメリットをご紹介します。

年の差結婚とは?

年の差結婚には明確に定められた基準はありません。しかし一般的に年齢差10歳以上のカップルが結婚することを年の差結婚だと認識している人が多いようです。

学生時代は10歳も年の離れた異性なんて恋愛対象にすら入らないものですが、社会人になると10歳差程度なら気にならないという人も格段に増えます。

しかし年齢差がある以上、歩んできた人生や世代間の常識にギャップがあり、そうした違いを受け入れられるかどうかが2人の関係を長続きさせる重要なポイントだと言えるでしょう。

年上男性と年の差結婚をするメリット・デメリット

年上男性を結婚相手として選ぶ女性は、男性に余裕と頼りがいを求めています。そのため知的で物知りな先輩社員や、頼りがいのある上司に恋心を抱きやすいもの。

一般的に女性が結婚してもいいと感じる男性の年齢制限は自分より10歳~15歳までで、両親よりも年上男性を選ぶのはごく少数派だと言えるでしょう。将来の子育てや介護のことを考えると、余りにも年齢差があると恋愛感情だけでは乗り越えられないと場合もあります。結婚前にお互いの家族ともしっかり話し合う必要があるでしょう。

メリット1 金銭的に余裕がある

一般的な会社員なら勤続年数が上がるほど給料が増えます。また年齢が上がるほど貯蓄額も増えるため、彼が年上であればあるほど金銭的に余裕がある場合は多いです。

金銭的に余裕がある男性は、食事やデート代は毎回全額支払ってくれたり、記念日には高価なプレゼントを贈ってくれることもしばしば。しかしいくら彼が自主的にお金を払っているとはいえ、支払いをしてもらったら必ずお礼を伝えるなど、感謝の気持ちを忘れないよう心がけましょう。

メリット2 精神的に大人で頼りになる

豊富な人生経験から酸いも甘いも知り尽くしている年上男性は、どんな時でも落ち着いていて頼りになります。あなたが悩んでいる時には彼氏としてだけでなく、人生の先輩としてアドバイスをくれたり寄り添ってくれることでしょう。

しかし感情的になって怒ったり彼女を責め立てることが少ない分、何か嫌なことがあっても心にしまい込んでしまう場合があります。そのまま彼の変化に気が付かないでいると、知らぬ間にお互いの気持ちが離れてしまい、大好きな彼にフラれてしまうなんてことも!

そんなことが無いよう、彼の優しさに甘えすぎないように注意しましょう。年上男性がカッコつけずに素直に甘えられる空気を作ることが肝心ですよ。

メリット3 仕事が落ち着いている

男性は30代が最も多忙と言われていますが、精神的には20代が最もキツイという意見もあります。それは効率よく仕事を勧めるノウハウや社内での立場が低いため、必死に働いても実を結びにくいからでしょう。

しかし30代になり責任感と社会的地位を確立すると、多忙でも精神的に落ち着いてきます。効率よく仕事を勧めるノウハウやテクニックも身に付き、アイデンティティが確立されてきます。部下や外部に仕事を任せることで時間的余裕を確保したり、趣味や余暇で上手にストレス発散するなど、年上男性の方が若者特有の焦りや競争心から解放された状態と言えるでしょう。

デメリット1 体力がない

筋トレブームの今、肉体面でも衰え知らずの年上男性も多いことでしょう。しかし見た目の肉体は素晴らしくても、体力がない・スタミナが続かないといった悩みを抱える年上男性は多いもの。

男性の場合、精力を司るホルモンの分泌が思春期を迎える10代にピークを迎え20代に入り徐々に下がっていきます。あなたが年上の彼氏より性欲が強い場合、夜のエッチを断られるなど寂しい思いをすることもあるでしょう。

いくら心で繋がっていても、肉体的な繋がりをもてないことがすれ違いを生むこともあります。そうした状態を受け入れられるかどうかが重要な問題になるでしょう。

デメリット2 年上として上から目線で意見される

年長者の立場としてアドバイスしているつもりでも、あなたにとっては小うるさく感じたり、余計なお世話と思うこともあります。基本的に年上男性は頼られたい、尊敬してほしいものなので、どうしても上から目線で物事を意見してしまうのでしょう。

彼の方が確かに社会経験も豊富ですが、単純に彼の言いなりになってしまったり信じ込んでしまってはいけません。早い段階から年齢差はあってもフェアな関係を築く努力をしましょう。

デメリット3 将来の子育てに不安が募る

子どもが欲しい女性なら、一番気になるのが将来の子育てについてではないでしょうか。

自分は若くても夫の年齢が高いとそれだけ妊娠の確立が下がるかもしれません。また彼の定年や老後のことを考えると、早くに出産しなければならないという焦りも生まれることでしょう。

例えばあなたが25歳彼が40歳なら、今すぐ子どもを産んでも、子どもが20歳の時あなたは45歳彼は65歳です。子どもの立場からすると自分の父親だけ同級生の父親より年老いている事実には、何かしら思うところもあるでしょう。

年上男性は頼りがいがあり安心できる反面、老いから派生する様々な不安が付きまといます。

年下男性と年の差結婚をするメリット・デメリット

年下男性を結婚相手として選ぶ女性は、男性に癒しと刺激を求めています。そのため明るく元気な年下の同僚や、素直に甘えてくれる後輩に恋心を抱きやすいと言えるでしょう。

年齢は下でも精神的に自立し落ち着いている男性もいるので、意外と年の差は気にならないという意見もよく耳にします。しかし女性として気になるのは彼と比較した時に老いを感じることではないでしょうか。自分好みに相手を育てられる一方で、自分のことも疎かにできないのが年下男性との年の差結婚の大きな特徴です。

メリット1 自分好みに育て上げることができる

年下男性との交際のメリットは、何と言っても真っ白なキャンバスを自分好みに彩ることができることではないでしょうか。

女性の意見には耳を貸さない男性が多い中、年上女性の意見なら素直に聞くという男性は多く、あなたの「こうして欲しい」「ああして欲しい」という希望も口答えせず聞き入れてくれる可能性が高いです。

また彼に様々な経験を積ませることで、何処を探しても見つからなかった理想のパートナーを作り上げることができるかもしれなません。あなたのプロデュース能力が試されますが、夢が膨らみますし、彼といるだけで楽しい気分にさせてもらえるでしょう。

メリット2 将来性に夢がある

年下男性は当然自分よりも将来が固まっていないことがほとんどでしょう。そのため彼の夢を応援したり、実現のために支えてあげるなど、恋人をサポートすることに喜びを見出すタイプの女性には溜まらない存在でしょう。

正しい導き方によっては今の彼からは想像もできないほど大成功する可能性もあり、夢が膨らみますよね。稼ぎにある程度余裕があり、恋人を支えることに情熱を注げる人にとって、年下男性との結婚はメリットが多いと言えるでしょう。

メリット3 体力があり精力が強い

精力を司るホルモンの分泌が思春期を迎える10代にピークを迎える関係から、男性の場合は若いほどに体力・精力ともに強い傾向があります。そのため夜の営みも1回では終わらず何度も求められることもあるかもしれません。

一方女性は20代後半から40歳頃までエストロゲンという女性ホルモンの分泌がある程度長く続きます。そのため男性よりも比較的年齢を重ねてから性欲のピークを迎えることが多いです。

このような理由から年下男性と結婚すると性欲のピークが重なる可能性が高く、お互いに満足いく性生活が送れるでしょう。

デメリット1 金銭的には頼りにならない

一般的に年下男性の方が給料が低い場合が多いでしょう。そのため彼のお給料だけでは生活できないという家庭も多いのではないでしょうか。生活費の半分以上は自分が支払うことになったり、たまの外食もファミレスやチェーン店を選ぶことになるでしょう。

勿論それでも大好きな彼と一緒にいられるだけで幸せなことですが、周りの友人や同僚が華やかな暮らしをしていると、ふと虚しさや悲しさを感じることもあるでしょう。

そして年上女性として気を付けなければならないのが、お金のない年下男性に必要以上に貢いでしまうことです。結婚後はお小遣いをねだられることも多いでしょう。お金を貸す場合はその使用目的をハッキリさせること、返ってこなくても納得できる金額内に留めましょう。

デメリット2 精神面が幼い

社会経験の浅さから驚くほど単純なことに落ち込んだり些細なことに傷つく様子に、彼に精神的な幼さを感じることもあるでしょう。男性に甘えられたり頼られることが好きな女性にとっては相性がいい相手と言えそうですが、若者特有のテンションについていけないと感じる大人の女性は、彼の幼さを理由に冷めてしまう人も多いようです。

一方で年下を口実に素直に甘えてきたり、愛情表現が分かりやすかったりと、同い年や年上男性からすると恥ずかしいと思うようなことも平気な顔でしてくれる可能性があります。幼さを許容できる女性にとっては、心の隙間を埋めてくれる大切な存在になるかもしれませんよ。

デメリット3 浮気の心配がある

相手男性の年齢が10代~20代の場合、ピークを迎えた性欲を処理するために浮気をしてしまう可能性もあります。これは精神的な幼さも関係していることですが、独身の10代・20代男性からすると結婚する前なら浮気はアリ、むしろ独身のうちに遊べる分は遊んでおきたいと考える人は多いようです。

勿論年下男性だからといって全員がそのような考えではなく、一途に恋人だけを愛してくれる貞操観念がある年下男性もいますが、浮気されたくないなら彼の誘いにはできるだけ応じるか、女以外の楽しみを一緒に見つけてあげることが得策でしょう。

年齢差があるほどギャップは生まれる。許容できるかどうかが鍵!

年齢差があるほどにギャップが生まれるのは当然のこと。ギャップを生まない努力をするのではなく、違いを認め合う許容力を高めることが順風満帆な結婚生活の鍵になることでしょう。

また年の差結婚をした夫婦に話を聞くと、普段の生活では年の差が気にならないという意見が最も多く、逆に年齢差を理由に素直に甘えられたり、かっこつけずに自分らしくいられるようになったといいます。

年の差結婚には様々なメリット・デメリットがありますが、苦労以上に得られるものは多いと言えるでしょう。単純な年齢差ばかり気にするのではなく、人生を一緒に歩める相手を冷静に見極めましょう。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする