めんどくさい彼氏に悩む女性の心理と対処法3つ

恋愛

彼氏に一心に愛されることは幸せだけれど、それも度を過ぎると「なんかめんどくさい」とデートが億劫で仕方なくなりますよね。最初は「自分の心が狭いのかも」と反省していたのに、いつの間にか不満の矛先が彼に向けられ、別れを考えてしまう人も少なくありません。しかし彼の言動がめんどくさいからといって直ぐに別れを決断しては、後々後悔するかもしれませんよ。

そこで彼氏のどのような言動が煩わしさの原因になっているのかを知り、解決に近づけましょう。今回はめんどくさい彼氏に悩む女性の心理と、別れを決断する前に試してみたい対処法3つをご紹介します。

めんどくさいと感じる原因は?悩める女性の3つの心理

「愛している人の言動を“めんどくさい”と考えてしまうなんて…」と自己嫌悪に陥ってはいませんか?しかしそこで安直に別れを決めてしまっては後々後悔してしまうかもしれません。まずはどうして愛する彼の言動に納得できないのか、その原因を見極めましょう。

不満の原因は気持ちが冷めてしまったからだと考える人もいるでしょうが、必ずしもそうとは言い切れません。お互いを大切に思うがあまり相手に期待し過ぎている可能性もあります。大好きな彼氏をめんどくさいと思ってしまう女性の心理を大きく3つに分け解説します。

心理1. 彼氏の愛情行動が重く感じている

彼の気持ちは嬉しくてもそれがあなたの価値観と合わなければ途端に愛情が重く感じてしまいます。頻繁に連絡しないと嫉妬する、人前でも構わずスキンシップする、彼氏以外の異性とは仕事でも飲みに行ってはいけないなど、愛が故の束縛や嫉妬に苦しめられてはいませんか。

彼の為に無理をしてばかりいては、益々不満が大きくなってしまいます。時には1人の時間を確保し、彼と離れることで心を整える時間が必要でしょう。

心理2. 意見を押し付けられることにストレスを感じている

例え愛し合っているカップルでも、意見が合わないことは多々あります。主張が強く意見を押し付けてくるような男性と交際している場合、それがストレスになっている可能性もあります。何気なく口にした愚痴に正論で返されては辛いですよね。交際当初は常にリードしてくれる彼に魅力を感じていたし、引っ張っていって欲しいと感じていたとしても、いざカップルになれば一方的に意見を押しつれられるばかりでは辛いもの。

このような相手に困っている場合はヘタに反論してはいけません。彼がどんなときに意見を主張してくるのか見極め、相手の琴線に触れないこと、余り意見されたくないことは元から話さないことでストレスを回避しましょう。

心理3. 頼りがいのなさに不安を感じている

愛する彼氏には男らしさを求めてしまうのか女心。そんな彼が何事も優柔不断だったり女々しかったりすると、理想とのギャップに幻滅してしまうこともあるでしょう。 人間落ち込むときもありますが、いつもいつも仕事の愚痴をこぼしていたり、社会への不平不満ばかり言っていては魅力的に見えないのは当然です。

しかし愛しているが故に放っておけないのが厄介なところ。彼氏をめんどくさいと感じる原因はあなたの優しさがそうさせているのかもしれませんよ。彼氏がクヨクヨ自信が持てない姿は一見頼りなくはありますが、一方で母性本能くすぐられるものなので、なんだかんだ別れにくいタイプだといえるでしょう。

恋心が冷める前に試してみたい3つの対処法

救いようのない程恋心が冷めてしまっている状態でなければ、今すぐに別れを選ぶ必要はないはず。「少しめんどうくさいところもあるけど、それ以外はいい人なのに…」と思えるのなら、どうにかして解決策を見つけたいところ。

そこで完全に心が離れてしまう前に試してみたい対処法を3つご紹介します。彼だけに改善を求めるのではなく、2人の問題として向き合う努力をしてみましょう。別れは最後の手段に残しておいて、まずは関係改善に努めましょう。

対処法1. 素直な気持ちを伝えて安心させる

恋人への嫉妬や束縛は何かしら不安を抱えている心理状態が原因です。もし彼がこまめな連絡がないと怒る、他の男性と話すことさえ嫌がるとしたら、あなたとの恋人関係に不安や疑問があるのかもしれません。もしかすると彼からの頻繁な連絡は、あなたを寂しらせてはいけないという親切心からかもしれませんよ。

改善策としては、まずお互いに素直な気持ちを話し合ってみましょう。あなたが感じている不満を包み隠さず彼に話すことで、もしかすると彼がこれまでの行動を悔い改めてくれるかもしれません。逆に彼の不満も聞いてあげることで、あなたが今後気を付けるべきことも分かりますよね。まずはお互いのすれ違いに気づくことが最初のステップです。連絡頻度に関しては、お互いが共用できる範囲でルールを設けてもいいですね。

対処法2. 第三者の力を借りて態度を入れ替えてもらう

話しあいをしても彼に変化が見られないのであれば、共通の知人や彼の先輩など、第三者の力を利用するといいでしょう。恋愛の込み入った話ができる間柄なら、第三者から彼に「それは彼女が可哀そうだぞ」「めんどくさいと男」と指摘してもらいましょう。

彼女ではなく第三者に言われるというのが重要で、自分の言動を見直すきっかけとして効果的です。ただしあなたから相談されたという事実は必ず内緒にしてもらいましょう。「実は彼女に相談されたんだけど…」と暴露されると、彼のプライドを傷付けてしまうので口の堅い相手を選ぶことが必須です。

対処法3. 逆の立場を経験させる

言葉で伝えても理解してもらえないのであれば、アクションを起こして彼に逆の立場を体感してもらうのも手です。目には目を歯には歯という言葉通り、あなたが「こうされたら嫌」という態度をそのまま彼に対して行います。少し荒療治ではありますが、無意識にめんどくさい行動をしているような彼には効果的です。

注意すべきは引き時です。あなたが取ったアクションに対して思うように反応が得られない、逆に敏感に反応しすぎる時は早々に行動を終了しましょう。その際「あなたにも私の気持ちを分かってほしくて」と一言謝ったうえで、今後の関係性を見直す話しあいができるといいですね。

彼氏を“めんどくさい”と感じ始めたら、早めに関係修復をしよう

彼のペースに合わせて1人我慢を続けても、問題の解決どころか事態を余計悪化させるだけです。 我慢を重ねストレスを溜め込むほど、相手の良いところに目が向かなくなってしまいます。もしかすると今のあなたは2人の関係を深めるチャンスを自ら逃しているかもしれません。

別れを選ぶのはある意味簡単ですが、大切な人にだからこそ本音を伝えなければならないことがあります。まずは彼と向き合って関係改善に努めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
AMI

好奇心旺盛な子と言われ続けて2X年。面白いことを求めてあっちに行ったりこっちに来たり。
旅館フロント勤務時代に対人スキルを学び、英語・韓国語を独学で勉強。現在はスペイン語に挑戦中。国際恋愛も経験ありの(元?)恋愛体質。
自身の経験を元にした恋愛テクニックを発信している。

AMIをフォローする