彼氏の両親に挨拶する際おすすめの手土産5選

結婚

初対面のご両親に挨拶に伺う際、手土産を用意することは礼儀です。貴重な時間を頂戴していることへの感謝の気持ちを伝える他、新たな家族の一員として迎え入れるのに常識ある大人なのかどうか示すことができます。しかしそうはいっても何を選べばいいのか、相場は幾ら位なのか、初めてだらけで悩むことも多いですよね。

そこで今回は彼氏の両親に挨拶する際おすすめの手土産を5つご紹介します。番外編として絶対に避けたい手土産ベスト3もお伝えするので、初っ端から印象最悪なんて事態を避けられますよ。

手土産の相場は3000円を目安に選ぼう

結婚の挨拶の場に持参する手土産の相場は3000円を目安にするといいでしょう。どれだけ品質が良いものでも安すぎると気持ちが伝わりにくいものです。逆に高すぎても受け取った相手に気を遣わせてしまいます。ご両親に遠慮なく受け取ってもらえる3000円程度のお茶菓子や酒類を手土産に選ぶことが理想的でしょう。

また手土産は中身も重要ですが見た目も同じくらい大切です。できるだけ見た目にも華やかな梱包をしてもらうか、ピシッと整えられた様相のあるものを選びましょう。

手土産で考慮すべき注意点

手土産はただ持っていけばいいというわけではありません。受け取る相手のことを吟味して選ぶことが大切です。「私はこれが好きだから」「可愛いから」という自分本位な理由で手土産選びをすると、相手にもそうした自分勝手な態度は伝わるものです。手土産選びで特に注意したい点を解説します。

注意点その1 アレルギーや病気はないか

手土産に食品を選ぶ際特に注意したいのが、特定のアレルギーや糖尿病などの病気を患っているかどうかです。手土産をもらって一番困るのが、自分が食べられないものを貰ったときや処理しきれないものをいただいたときではないでしょうか。最低限相手が絶対に口にできないものがないか事前に確認しておきましょう。

注意点その2 賞味期限が極端に短くないか

手土産には賞味期限が長いものを選びましょう。いくら有名パティスリーの限定スイーツを手土産に選んだとしても、受け取った当日に食べなければいけないような生菓子を持参されては迷惑がかかる場合もあります。相手の都合を無視した行為は悪い印象を与えかねません。最低でも賞味期限が1週間以上あるものを選ぶと安心です。

注意点その3 手間暇が感じられるもの

両親への挨拶の場に選ぶ手土産は、できるだけ入手するにも手間暇が感じられるものを選びましょう。どこでも手に入るお菓子屋さんのスイーツや、彼の実家近くのお土産屋さんで買ったものを手土産に選んでは、相手への敬意が伝わりません。わざわざ行列に並んでまで手に入れる必要はありませんが、相手を本気で喜ばせるために手間暇を惜しんではいけませんよ。

親への挨拶時に持参したい手土産5選

日頃プレゼントを贈り慣れた人でもご両親への贈り物となると何を選んだらいいか悩むものです。「センスがないって思われたらどうしよう」「ご両親への印象が悪くなったらどうしよう」とネガティブに考えてしまうのも無理はありません。そこでまずこれを選べば外さないという手土産を5つピックアップしました。手土産選びの参考になれば幸いです。

その1 賞味期限が長く傷みにくい【洋菓子】

比較的賞味期限が長く傷みにくい洋菓子は手土産に人気です。ライターである私自身も結婚の報告の際洋菓子を選択しました。洋菓子にも様々な種類がありますが、お勧めは中身が個包装になっているものです。年配層の中には普段甘いものを控えている場合があります。個包装になっていれば自分たちで消費できないものをお友だちに配ったりすることもできて便利です。これも相手への気遣いの現れですよ。

その2 縁起の良い銘菓も多い【和菓子】

和菓子には結婚などのお祝い事に適したお菓子が数多く存在します。鯛や梅などが型取られたものは縁起の良いモチーフとして有名ですし、小豆には古来より厄を払うという言い伝えがあります。受け取り手である両親にそうした意図を読み取ってもらえると常識ある女性として信頼を得ることができるでしょう。

その3 話題作りにも一役買う【地元の銘菓】

彼の実家が遠方なら、あなたの地元の銘菓を取り寄せて持参するのもお勧めです。初対面の両親に挨拶に伺うと、当然緊張して話題に四苦八苦します。そんなときに手土産が会話のきっかけに役立ちます。黙って手渡しても相手に気づいてもらえないこともあるので、手渡す際に「私の地元○○県の銘菓なんです」と一言添えるようにしましょう。

その4 飲むのが好きなご両親にピッタリ【お酒】

毎日晩酌しているご両親ならお酒を贈り物に選ぶと喜ばれるでしょう。お酒を選ぶ場合はその種類にも気を付ける必要があります。お酒であれば何でも好きという人もいますが、ワインは好きだけど日本酒は飲まない、蒸留酒は飲むけどそれ以外は飲まないなどこだわりがある年配層は多いものです。事前に彼氏にリサーチをお願いしておくと安心ですね。

その5 自分では買わない【高級フルーツ】

高級フルーツは贈答品として高い人気を保持しています。お菓子など甘い物を控えている人でもフルーツなら食べれるという人もいるのではないでしょうか。栄養価も高くそのまま食べても調理して食べても美味しいので活用の幅も広いです。注意点としてはお菓子程日持ちはしないので食べきれるサイズや量のフルーツを選ぶようにしましょう。

【番外編】貰って困る手土産ベスト3

どんなものでも用意してくれただけで嬉しい手土産ですが、正直貰っても困るようなものを選ぶ相手だと「この子と結婚して果たしてやっていけるのかしら?」と心配になるのが親心。そこで番外編として両親への挨拶に持参すべきではない手土産ベスト3もご紹介させていただきます。

第1位 手作りスイーツ

どれだけ手料理に自信があったとしても初対面の相手への手土産に手作りの品を持参するのは控えましょう。話題作りにはなりますが、相手が望んでもないことを一方的に押し付ける行為はご両親の機嫌を損ねかねません。どうしても料理の腕を自慢したいのであれば通常の手土産とは別途持っていく、2回目以降の挨拶で持参するなど工夫しましょう。

第2位 生菓子

賞味期限の短い生菓子は貰ってこまる手土産の代表格です。相手にも都合があります。もしかするとご両親は翌日から旅行にでかけたり外食の予定が入っているかもしれません。そんな時すぐにでも消費しなければならないものを抱えるストレスはたまったものではありません。万一の事態も考えた手土産選びを心がけましょう。

第3位 量が多すぎるお菓子

ご両親への手土産はできるだけ2人で食べきれるサイズのものを選びましょう。あまりに量が多すぎると腐らせてしまう他、無理して食べきろうと相手に余計な負担をかけてしまうかもしれません。特に舌の肥えた年配層への手土産なら、量より質を優先させた方がいいでしょう。

両親への手土産選びで一番大切なことは“気遣い”と“感謝の心”

手土産選びは気を遣うし面倒くさいと思う人もいるでしょう。しかし両親も忙しい合間をぬってあなたと彼のために時間を割いていることを忘れてはいけません。相手の都合に配慮できるようになると、自然と手土産選びにも熱が入りますよ。

結婚は今まで別々に生活していた家族と家族を繋ぐ神聖なものです。その第一歩がお互いの両親への挨拶です。たかが手土産と思わず、すでに新たな家族の一員としての歩みをスタートしているのだと認識し、両親への気遣いと感謝の心を手土産で伝えましょう。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする