片思いを卒業したい!想いが伝わる告白の言葉10選

恋愛

片思いの人に思いを伝えるってとても勇気がいることですね。告白するにも言葉に悩んでしまうことでしょう。 告白が成功する効果的な言葉があるのをご存知ですか?ここでは男性が女性から告白されると嬉しい告白の言葉を10個まとめてご紹介します。片思いをそろそろ卒業したいという人は、ぜひ参考にしてくださいね!

その1 ストレートに「あなたが好きです」

男性に告白するときには、長ゼリフでいろんな言葉を使うよりも、わかりやすくストレートに告白するのがおすすめです。 それは、男性は女性と違い他人の気持ちを察することが苦手だからです。告白も回りくどい言葉ではせっかく勇気を出して告白しても気づいてもらえずスルーされることさえあります。

せっかくの告白がうやむやにならないためにも、片思いの彼の目を見て「あなたが好きです!」とハッキリ言ってください。そんなあなたの言葉に彼は胸キュンしてあなたのことを意識せずにはいられなくなるはずです。

その2 男心をくすぐる「告白するの初めてなの」

女性は最後の女になりたがり男性は初めての男になりたがります。この心理を利用して「告白するの初めてなの」と告白して彼の男心をくすぐりましょう。 彼が年上なら特に効果的でしょう。年齢が高くなれば恋愛に新鮮味はなくなります。そんな気持ちを刺激すること間違いなしです。

応用編として「こんな気持ちは初めて」なども良いですね。 たとえ今まで複数の交際相手がいたとしても「あなたは今まで出会った男性と違う」といった気持ちを込めてくださいね。そんなあなたの気持ちに応えようと彼は一生懸命になるはずです。

その3 時間を無駄にしたくないなら「結婚を前提にお願いします」

男性は女性の告白には寛大で、よほどの理由がない限り受け入れる傾向にあります。これは女性と違い、男性にとって女性との付き合いは真面目なお付き合いばかりではないからでしょう。そのため告白予定の彼が女遊びの激しいタイプの場合は要注意です。 他の異性に対していい加減な人だと、あなたの真剣な想いに応えられない場合もあります。 遊ばれるのはイヤ、年齢的に後がない、結婚に結び付かない恋愛をしたくないという女性は「結婚を前提にお願いします」と告白してみてはいかがでしょう?交際へのハードルは高くなりますが、こちらから条件を提示することで、場合によっては一気に結婚まで突き進めるかもしれませんよ。

その4 具体的に好きな理由を「〇〇なところが好き」

男性にはわかりやすい告白が一番と言いましたが、いざ告白された時「俺のどこが好きなんだろう?」とその理由が気になるもの。 そんな相手の心理を利用して、具体的に好きな理由を伝えるのも告白を成功させるための大事なテクニックです。

単純に「好き」と言われるのも嬉しいけれど、「周りに優しいあなたが好き」「男らしくて頼りになるあなたが好き」と彼の長所を褒めるような言葉で愛を伝えられると、グッと心に突き刺さりますよね。 このように相手のどの部分を好きになったのか具体的に伝えることで、彼に納得感と共感を与えることができます。結果的に告白が成功に至りやすいといえるでしょう。

その5 一度は言われてみたい「カッコいいから付き合って!」

男性なら「カッコいい」、女性なら「可愛い」「綺麗」と言われて嫌な気分になる人なんていませんよね。普段からオシャレに人一倍気を付けている少しナルシスト気味な彼に対しては、「カッコいいから付き合って!」といった外見を褒めた告白も効果的です。

告白されるまであなたを意識していなかった男性も、その日からあなたのことが気になって仕方なくなるでしょう。またなかなか返事がもらえない場合や、返事を曖昧にされた場合でも、彼に対して「カッコいい」と言い続けると効果が更に高まります。女性が思う以上に男性は単純な生き物ですから、男としての自信を与え続けてくれるあなたに陥落する日も近いかもしれませんよ。

その6 なんとかしてあげたくなる「友達のままじゃイヤなの」

友達として付き合いがある男性を好きになると告白のタイミングが難しいですね。しかし、いつまでも友達じゃいられないほど好きになってしまったなら「友達のままじゃイヤなの」と素直に告白してみましょう。友達として誠実な彼なら、きっとあなたの気持ちに対して真剣に考えてくれるはずですよ。

またあなたの告白を機に彼の意識は変わります。あなたを女として見る彼の視線にドキドキしたり、戸惑いを感じることもあるでしょう。しかしそれは彼も同じです。あなたを女として意識させるきっかけとして、まずは今の関係を変えたいという意思を正直に伝えましょう。

その7 奥手の男性には「私が幸せにしてあげる」

最近では恋愛に消極的な草食系の男性が増えましたね。例え恋人関係になったとしても昔のように女性を力強く引っ張っていく男性は減ったような印象を受けます。告白したい相手が草食系男子なら、最初からあなたが主導権を握ってしまうのもお勧めです。

例えば「私が幸せにしてあげるから付き合って」と告白してしまうのも効果的です。男気溢れる男性ならイラっとさせてしまうような発言も 草食男子からすると頼りがいあるあなたの姿にドキッとすることでしょう。また自分から積極的に動くのが苦手な彼にとって、グイグイ引っ張ってくれる女性は魅力的です。一見強気な言葉も、相手次第で効果を発してくれますよ。

その8 永遠を感じさせる「ずっと一緒にいたいの」

男性は「ずっと」という言葉に弱いです。「好き」「一緒にいたい」という言葉に「ずっと」をプラスするだけで、心に刺さるインパクトある告白に変わります。その理由は、言葉に永遠の愛を感じさせるためではないでしょうか。彼への一途な気持ちがアピールでき、そんなあなたの姿に彼も嬉しくなること間違いなしです。

一方で、「ずっと」という言葉が重荷になる場合もあります。それは永遠の愛が自分を縛りつけるような感覚を与えるためです。短期間で彼女がコロコロ変わるような男性に告白する場合は、その点を踏まえ言葉選びに注意しましょう。

その9 男友達には「もう付き合っちゃう?」

冗談を言い合うような男友達に告白するなら「もう付き合っちゃう?」と相手の意思を聞いてみるのもお勧めです。男友達である彼に告白する時のデメリットは失恋した場合に友人関係も破綻してしまうことですよね。この告白の仕方なら、冗談交じりに相手の意思を確認するようことができますよ。「好き」とハッキリ気持ちを伝える告白よりも軽い印象なので、たとえ彼にはぐらかされたとしても気まずい空気になることはないでしょう。

一方であなたの真剣な想いは伝わらず冗談と受け止められたい、思ったような反応が返ってこないこともあります。その際は別の告白の言葉と組み合わせて活用してみてくださいね。

その10 モテる男性には「モテるから不安だけど好きなの」

モテる男性を好きになると、交際後の女性関係が常に気になるものです。そんな彼に告白するなら「モテるから不安だけど好きなの」と伝えてみましょう。

モテる男性といっても大きく二つのタイプに分けることができます。1つは告白されることは日常茶飯事の生粋のモテ男、もう1つが近寄り難いオーラだけど裏ではモテモテの隠れモテ男です。後者は特に告白に慣れてないタイプなので普通に告白するだけでも大きなインパクトを与えることができます。

問題なのは前者です。女慣れしている彼にとってそんな自分を理解できる相手が理想です。「付き合ったら不安になりそうだけど好き」という告白は、新鮮かつ相手の心に響きやすい言葉でしょう。

言葉選びが重要!気持ちにストレートな告白が効果的

男性は女性と違い論理的思考の持ち主が多いため、単純明快で理解しやすい言葉選びが大切です。下手に小細工をしたり、共感を求めるよりも、「好き」という気持ちにを素直に伝えた方が効果が高いでしょう。

また失恋を恐れて逃げ腰で挑んでしまうと、結果的にやりきれなかった自分に後悔する可能性があります。勇気がいることですが、思い切って気持ちをぶつけてみましょう。

あなたが好きになった人です。きっとあなたの気持ちを無下に扱ったりしないはず。あなたの真剣な思いはきっと彼にも伝わるでしょう。例え結果が伴わなくても、逃げずに立ち向かった事実があなたの魅力を一層引き上げてくれるはずです。告白が無事達成されることをお祈りしています。

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする