アラフォー独身女性しか分からない悩みと、自分との向き合い方5つ

自分磨き

仕事や趣味に没頭していたら、いつの間にか40歳。恋愛は何度かしてきたけれど、結婚に魅力を感じず独り身のままという方も多いのではないでしょうか。自分が選択した人生ではあるものの、同い年の多くは既に結婚し幸せな家庭を築いている姿を見ると、「このままでいいのか」と不安が襲ってくるのは言うまでもありません。今回は同じくアラフォー独身の身であるライターが本音で語る、アラフォー独身女性の心の悩みと、そんな自分への向き合い方5つをじっくりお伝えします。現状に悩むアラフォー独身女性に何か1つでもヒントになるものが見つかれば幸いです。

アラフォー独身女性の悩みとは?よくある悩み5つ

どんなに「結婚はもう諦めた」「私は一生独身でいい」と思っていても、周囲からの結婚や出産報告を耳にするたびに焦りや不安を感じてはいませんか?諦めたつもりが心の奥底では踏ん切りがついていなかったり、本当の想いに蓋をしてしまい自分自身と向き合えていないのかもしれませんよ。アラフォー独身女性の悩みの多くは、①結婚出産②仕事③お金④家族⑤人生の5つが大半を占めています。それぞれ詳しく解説していきましょう。

悩み①婚活市場では不利な立場に⁉タイムリミット迫る妊娠出産の問題

一般的に結婚適齢期と言われるのは25歳~30代前半と言われています。この年代での女子会の話題は決まって恋愛や結婚についてでしたが、35歳を超えた辺りから恋バナや結婚の話題は少しずつ減少していきます。

その理由の1つは婚活市場で不利な立場に追いやられ始めるからです。悲しい話ですが、40歳目前で婚活をスタートしても結婚相手を見つけ実際に結婚に持ち込むのは至難の業です。そうした状況からデリケートな話題だと周囲から気を遣われ、益々恋愛のチャンスが減ってしまい、本当は結婚したいのに頑張る姿を見られるのが恥ずかしくて婚活に打ち込めないという人もいます。

さらに追い討ちをかけるのが出産のタイムリミットが目前まで迫っているということ。子どもを妊娠できる最後のチャンスと気持ちが焦ってしまい、理想と現実のギャップに苦しめられる事もあります。

悩みその②現職か転職か、40代キャリアアップの年齢的な問題

勤続年数から考慮すると、ある程度の経験を積み役職についている人も多いのではないでしょうか。そんな40代女性を悩ませるのがキャリアアップの問題です。

今の仕事でそれなりのポジションについていたとしても、将来的なことを考えると収入面や待遇に不満がある、勤務地を変えたいなど、入社時とは希望が異なっている場合もあります。そこでキャリアアップとして転職を検討するも、職種によって今までの経歴が考慮されず0から再スタートになったり、年齢制限によって希望する部署に配属されないなんてこともあります。

一人で生きていく可能性が高いアラフォー独身女性にとって、生活に困らない収入とやりがいある仕事を確保することは必須事項です。キャリアアップが狙える瀬戸際に立たされているだけに、頭を悩まされることも多いのではないでしょうか。

悩みその③老後は一人で暮らしていける?将来に向けた貯蓄と収入の問題

生涯独り身の可能性が濃厚になってくると、最も考えるようになるのは、老後に向けた貯蓄と収入についてではないでしょうか。自分自信が働けるうちは問題なく生活できたとしても、いつケガや病気で働けなくなるか分かりませんよね。結婚は精神面だけでなく経済面でも互いに支えになる役割を果たしてくれますが、独身であれば全てを自分1人で行わなければなりません。自分に何があっても生活していけるように将来に向けてコツコツ貯金をしておくことが肝心です。

また年金受給額が下がっている近年では、仕事を退職した後も安定的に収入を得られるような準備しておくことも必要でしょう。しょう。現在は会社員でも副業として様々なビジネスを手掛けている人も増えています。不労所得や副収入を増やすことで将来的に生活レベルを落とさなくて済むようにしておきたいですね。

悩みその④親の面倒は誰が看るの?家族の問題

結婚していると両親の面倒は夫婦が協力して行えば負担が半分に軽減されますが、生涯独身の場合は自分ひとりに負担が集中します。もし親が病気になったり、介護が必要な状況になったらどうするのか、今のうちから計画を立てておくべきでしょう。自分の仕事は?住む場所は?介護が必要になったら誰が診る?など年々高齢になる親の姿を見ると考えざるを得ない問題です。

また親が歳をとるのと同じように、あなた自身も年齢を重ねるごとに老いを感じるようになってきます。老々介護という言葉があるように、老人が老人を介護しなくてはなならないことは社会的問題にもなっています。こうした問題を他人事だと思わずに、今準備できることから計画的に進めておくことが将来の負担を減らす最善策です。

悩みその⑤人生に後悔はない?ライフプランの問題

意図して結婚を選択しない人もいる中で、逆に結婚したかったのにチャンスに恵まれなかったという人もいるのではないでしょうか。まさかアラフォーになるまで結婚ができないなんて想像もしていなかったという人もいるでしょう。どちらにせよ結婚せず独身でいるには様々な理由があってこそ。まずは自分が選んだ道を認めることが肝心です。

悩み①で紹介したように周囲が結婚・出産するたびに独身であることを後悔してしまう人は、もしかすると自分の人生に後悔が残っているのかもしれません。アラフォーだからといって結婚や出産を諦めるのは時期症状です。難しいことではあっても、可能性は0ではありません。自分が後悔しない人生を歩めているか自問自答し、理想のライフプランを作りましょう。

アラフォーからの人生の向き合い方5つ

①結婚出産②仕事③お金④家族⑤人生について、アラフォー女性独特の悩みを5つご紹介しましたが、あなたに当てはまる悩みはありましたか?自分と同じようなことで皆が悩んでいることに安心した人もいれば、新たな視点を得た人もいるでしょう。

しかし悩んでばかりいても仕方がありません。日々時間は過ぎ、歳も重ねていきます。元気に働いたり自分の好きなことをできる時間もそう多くはないのです。  後悔のない人生を送るため、アラフォー独身女性の人生の向き合い方を5つご紹介します。すべてライターの実体験に基づいていますので、何か1つでも参考になると嬉しいです。

向き合い方① 妊娠・出産・結婚に縛られない

結婚は何歳でもできるものですが、妊娠・出産というとそうではありません。タイムリミットがあるからこそ、余計な焦りや不安が生まれてしまうものですが、まずはそうしたことに縛られず、自分の本当の気持ちに向き合ってみましょう。

本当に子どもが欲しいのか、今の人生を180度変えてまでも育児を経験したいのか考えてみましょう。他人を羨ましく思うあまり、子育てへ憧れや希望を抱いてはいませんか?また世間一般論に影響されて、一生涯独身を貫くことに後ろめたさを感じてはいませんか?まずはしがらみを捨てて、自分の気持ちに正直になりましょう。

熟考の上であなたがどうしても子どもが欲しいと思うのなら、そこから必死に頑張ってみても遅くはありませんよ。日本産婦人科学会での2016年の不妊治療成績を見ると40歳で何らかの不妊治療を受けて妊娠する確率は14.5%、そのうち出産ができる確率は 9.0%となっています。(※1) 勿論流産の確率も 34.3%と高い傾向がありますが、希望はあります。

※1参照:公益社団法人 日本産科婦人科学会 ARTデータブックより

向き合い方②好きな仕事に思いっきり情熱を注ぐ

独身であることの最大のメリットは、人生の限られた時間を全て自分に投資できるということ。周囲が子育てに追われている時間も、あなたは自分のためだけに使うことができます。周囲から羨ましがられるような自由を手にしていることを自覚し、どっぷり大好な仕事に情熱を注いでみてはいかがでしょうか。

また悩み②でもお伝えしたように、年齢も40代を超えるとキャリアアップのための転職は難しくなってきます。そのため今の仕事が理想とかけ離れているなら、将来的に満足できる会社へ転職を考えるのも一つの策です。 誰に咎められることもない分、自分が心から満足できるキャリア形成を意識しましょう。

向き合い方③セカンドライフや老後に必要な資金計画を立てる

今では女性10人のうち9人近く(87%)が75歳まで生きる時代です。さらに、40歳からの平均余命は約47年という統計もあります。 この先独身でいるなら、残りの長い生活を自分自身で支えなければなりません。そんなとき不安になるのが老後のお金のことです。 不安の原因を明確化するためにセカンドライフや老後にどのくらいにお金が必要になるか計算をしておきましょう。

簡単な質問に答えるだけで将来の家計が診断できる金融庁の「ライフプランシミュレーション」やほかにも銀行や証券会社提供のものなど様々なツールがあります。 計算をすると老後は年金だけに頼るのではなく、収入支出のバランス調整や貯蓄、資産運用などが大事になってくることが分かります。 アラフォーという節目で今後のセカンドライフをお金の面から見通してみましょう。先が見えるだけでも不安は軽減し何をすべきかが明確化できます。

参照元:金融庁 ライフプランシミュレーションはこちら

向き合い方④老後について親や兄弟と話し合い対処法を決めておく

40歳は介護保険料納付が始まり、さらに親が65歳になれば介護保険非保険者証が届きます。日常生活では話題に上がらない問題なので、これを機に親兄弟と老後や介護について話し合うと良いでしょう。

正社員男女各1,000人を対象にしたある調査では、仕事と介護の両立に不安を感じている人の割合が男性74.4%、女性79.8%と高い数値を示しています。 さらに現時点で介護の必要がなくても今後5年間で介護が必要になる可能性があることを男女含めて約4割が実感しているという結果もあります。いざ現実問題が発生したときに慌てないように、また自分の生活も守っていけるように、介護の方向性や対処法を具体的にしておきましょう。

参照元:厚生労働省 企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアル

向き合い方⑤心のストッパーを外し、望む人生を歩む努力をする

結婚、妊娠、仕事、お金、介護などアラフォーに悩みは尽きません。 色々と悩み苦しい時期もありますが、最も大事なのは「自分にはできない」と諦めず、心のストッパーを外し生きたいように生きる努力を継続することです。自分が選択した人生なら、多少後悔することはあっても楽しんで歩んでいけるはずです。これからの人生自分はどう生きたいのかを明確にしましょう。

40代を過ぎて夢を追っていると、世間や周りから批判を受けることもあります。しかし彼らの意見を聞いたところで幸せになれる保証なんてありません。ライター自身、何度か他人の意見に振り回されてきましたが、今では不必要な時間だったと反省しています。自分の意思で人生を決める、そう決意した瞬間、あなたの人生はまた違った輝きを放っいくでしょう。

アラフォー独身女性は負け犬ではない!自分の人生をより豊かにするチャンスと考えよう!

アラフォーで独身となると、世間的に「負け犬」と称されることもあります。確かに結婚や出産のチャンスに恵まれはしませんでしたが、決してアラフォー独身女性が何かに劣っているということはありません。自分が選択した人生に誇りを持ちましょう。

そしてアラフォー女性にとって頭を悩ませる問題は多々ありますが、全て事前に準備をしておくことで対処可能な問題です。一つ一つ悩みや不安の原因を明確にし、それらの負担や不安が軽減できるよう少しずつアクションを起こしていきましょう。「もう歳だから…」と人生を諦めたり投げやりになったりせず、40歳という節目をチャンスに変えていきましょう。何歳からでも自分が本来望んでいた人生を手に入れることができるはずですよ。