恋人との倦怠期をどうのりこえる?男女の本音と5つの対処法

恋愛

交際期間が長くなるとやってくる倦怠期。

彼のことが好きなはずなのに、一緒にいても物足りなさを感じてしまうなんてことありませんか。

互いの仕事が忙しくコミュニケーションが減ったり、デートにマンネリを感じると、倦怠期の症状がでてきます。
相手にイライラしたり、ときめきがなくなる、会話が減るといった症状は倦怠期の特徴のひとつです。

そこで今回は倦怠期中の男女の本音と、辛い倦怠期をのりこえる対処法を5つご紹介します。

倦怠期中の男女の本音をぶっちゃけ!

倦怠期を経験した、または倦怠期中のカップル10名から、男女それぞれの本音をぶっちゃけていただきました。

男女どちらにも共通していることは、ときめきが減ってマンネリを感じていることと、会話やメールなどのコミュニケーションが不足していることがあげられました。
つまり倦怠期はお互いの存在に慣れてしまったときめきの停滞期というべきでしょうか。
これから結婚も視野に入れたい2人にとって、まず越えなければいけない壁の1つです。

男性側の本音

・そばにいることが当たり前になり、ドキドキ感が薄れてしまった。
・彼女からイチャイチャするのを拒まれる。
・セックスレスで辛い
・仲が良すぎて家族みたい
・束縛気味な彼女へ、こまめに連絡することが面倒。

女性側の本音

・ときめきがなくなった。
・いつも同じ場所でデートするので物足りない。
・かまってくれないから寂しい。
・交際が長くなるにつれ嫌な部分が見えてきた。
・デートなのにいつもボサボサ、身だしなみに気を使ってほしい。

倦怠期を乗り越える5つの対処法

もやもやがつのる倦怠期、できるだけ早くのりこえたいですよね。
しかし倦怠期中はお互いの気持ちが離れてしまっていることもあり、無理して以前の2人に戻ろうと取り繕っても逆効果なことも!

正しい対処法を知って、お互いに今必要なことを理解し、ゆっくりのりこえていきましょう。

対処法その1 期間限定で、2人の距離を置く

そばにいることが当たり前になり家族のように感じてしまうことで起こる倦怠期。
2人の距離を置くことは有効な対処法といえます。

距離を置くことで、当たり前になっていたお互いの存在意義を確認できるだけでなく、離れてみてはじめて相手の良さに気づくこともあるでしょう。

距離を置くときに気を付けるべきことが1つあります。
それは、必ず期間限定で距離を置くことです。

期間を定めずに距離を置くと、最悪自然消滅…なんてこともありえます。
自然消滅を防ぐために、いつまでは連絡しないと2人で事前に決めておきましょう。

また、急に距離を置くのが心配な場合は、1日の連絡量を減らしてみましょう。
1日の最後だけ、お互いにメールするなど一定の距離を置くことも倦怠期をのりこえる有効な方法です。

対処法その2 旅行に行くなど環境を変える

普段仕事が忙しくデートがマンネリになっているカップルにおすすめ。

環境を変えることで、普段見られない姿が見られます。
環境を変えるには、引っ越しや転職など様々ですが、一番手っ取り早くお手軽なのが旅行です。

またまだ行ったことのない場所を旅行することは、単純に楽しく、テンションが上がります。
どこに行くか、何をするか、旅行計画を事前に準備する必要があるため、自然と2人の会話数も増え、会話不足が解消されます。

旅行は、相手の思わぬ一面がみれたり、浴衣など普段と違う服装にドキッとさせられたりと刺激もたくさん。

環境の変化は気持ちの変化にも作用します。
お互いのスケジュールが合うのであれば、旅行にいくことをおすすめします。

対処法その3 それぞれ自分の趣味や自分磨きに没頭する

ラブラブ期が落ち着いた今、無理に以前の状態に戻そうとするとかえって逆効果になります。
今はお互いの時間を尊重する時期だと割り切り、大好きな趣味や自分磨きに没頭しましょう。

何かに夢中になっている、頑張っている姿はとても魅力的。
マンネリになっていた関係にいい刺激になるかもしれません。

お互いの時間を尊重する時期だとはいえ、ルールは必要です。
何も決めずに距離を置いてしまうと、ひょんなことから浮気をしてしまったり、2人の関係が自然消滅してしまう恐れがあります。お互いに自由な時間を過ごす場合にも、2人でルールを決めておきましょう。

異性の友人を交えて遊ばない、異性と2人っきりにならない、1日に1回はメールするなど、お互いが不安にならないよう約束しておきましょう。

対処法その4 正直な気持ちを話し合う

最近彼とゆっくり話しをしましたか?
忙しくてコミュニケーション不足になると、自然と会話数が少なくなります。
もしかすると2人の倦怠期の原因はコミュニケーション不足かもしれません。

お互いに今思っていること、相手に望んでいることを素直に話してみてはいかかでしょうか。

話し合いをする際の注意点があります。
1つは感情的にならないこと、もう1つが相手の短所を責めないことです。
倦怠期はちょっとした癖や態度にイライラしてしまいがちですが、できるだけ相手の行動を認めてあげる努力をしましょう。

相手の本音が聞けると安心します。
話し合いをすることで、2人の関係性はぐっと深まるはずです。

対処法その5 友人を交えて遊ぶ

2人でデートするとイライラしてしまう、会話が続かないといったときは、友人の力を借りてみましょう。
自然と会話が盛り上がりテンションがあがる、いつもと違う雰囲気でどきどきするなど、よい刺激になります。

単純に友人たちと盛り上がって楽しむことで、倦怠期中のもやもやした悩みが少し軽くなります。

また、お互いの姿を客観的に見ることで、今まで当たり前になっていた相手の良さや居心地の良さに気づくことができます。
雑だった態度が改まり、お互いを気遣う気持ちが復活するきっかけになるかもしれません。

友人の力を借りて倦怠期をのりこえましょう。

必ず訪れる倦怠期。うまくのりきろう!

付き合う期間が長くなると誰しもが経験する倦怠期。
気持ちが滅入ってしまうことや面倒に感じてしまうことも多いですが、ご紹介した対処法をうまく活用して、のりきりましょう

倦怠期をのりこえることで、2人の関係性はぐっと深まりますよ。

 

この記事を書いた人
めぐみん 大人の恋愛コンサルタント

30歳からの大人の恋愛コンサルタント。
大手保険会社でトップセールスになりグランプリを獲得。営業時代に年間1000人と会い磨いたトークスキルで、人に好かれるための独自のメソッドを開発。
恋愛において役立つ対人スキルやポジティブマインド、運命を引き寄せるテクニックなど幅広い情報を発信している。

めぐみん 大人の恋愛コンサルタントをフォローする